優れた環境性能を備えたハイブリッドカーですが、走りの魅力でも注目されています。たとえばトヨタのプリウスの場合、10・15モード走行で38km/lという世界最高レベルの燃費を実現する一方で2.4l車並みのパワーを達成しています。ハイブリッドカーは、ハイパワーと環境性能をきわめて高い次元で両立させるのです。エンジンとモーターのそれぞれの特性を生かし弱点を補いつつ、最大限の効率と最大限の出力を発揮させるハイブリッドシステム制御技術が、イーシーエスが追求する技術分野なのです。
一つのジャンルとして完全に定着したハイブリッドカーは、国内メーカーだけでなく海外メーカーからも多くの車種が開発されてきています。世界的な原油高の中、ハイブリッドカーがさらに車社会に浸透して行くことは間違いないでしょう。
もう一つの流れがあります。それは、ハイブリッドカーの先に位置するEV(電気自動車)です。今はまだ、航続距離の問題や充電インフラの問題、高価格といういくつかの問題を抱えていますが、環境さえ整えば街中がEVで溢れることも考えられます。
EVにおいてキーとなる技術は、心臓部となるモーターのソフトウェアによるモーター制御技術に他なりません。モーター制御技術はハイブリッドシステム制御技術の一部なのです。ハイブリッドカーだけでなく、EVさらには将来開発されるであろう燃料電池自動車も、イーシーエスのターゲットなのです。
 
Copyright (C) 2005-2015 ECS. All Rights Reserved.